PR

【プライム会員は安い?】オーディブルの料金・評判を紹介

Amazon

耳で本を楽しむAmazonのAudible。

この記事では月額料金や評判を紹介し、無料体験方法や解約方法について解説します。

Audible(オーディブル)の料金・サービス内容

料金 月額1,500円
サービス内容 12万以上の対象作品が聴き放題
無料期間 最初の30日間
支払い方法 クレジットカード/デビットカード

オーディブルよくある質問

オーディブルについてよくある質問を簡潔にまとめました。

Amazonプライム会員は安くなる?

安くなりません。Amazonプライム会員の人も、そうでない人も月額1,500円で利用できます。

Amazonプライム会員にならないと利用できない?

いいえ。Amazonの会員に登録は必要ですが、プライム会員への入会は必要ありません。Amazon会員への登録は無料です。

オーディブルの評判

支払い方法

・クレジットカード
・デビットカード

普段Amazonでお買い物をする人は登録されているクレジットカード、Amazonにクレジットカードを登録していない人はオーディブル登録時にクレジットカードの情報を入力します。

Audible(オーディブル)無料体験方法

0 Amazonの会員になる(無料)
1 Amazon公式サイトでAmazonのIDにログインする
2 Audibleのページを開く
3 「30日間の無料体験を試す」をタップ
4 無料体験登録をする

無料体験はオーディブルを初めて利用する人と、オーディブルを退会して1年以上経過した人が対象です。

下のボタンをタップすると、ご自身が無料体験の対象か確認することができます。

\今なら2ヶ月間無料/
/2024年5月9日まで\

通常の期間は30日

特別なキャンペーンなどを実施してい限り、無料体験期間は30日間です。

無料体験期間中に退会手続きを行わない場合、自動でオーディブル会員になり月額料金が発生してしまうので注意して下さい。

無料体験後すぐに退会手続きを行っても30日間経つまでは無料で体験できますので、心配な方は登録後すぐに退会手続きを行うことをおすすめします。

99円で2ヶ月体験キャンペーン

「無料」ではないですが、不定期で『99円で2ヶ月体験キャンペーン』を実施している場合があります。

30日間は短いと感じる方はこちらのキャンペーンを狙ってみて下さい。

Audible(オーディブル)の解約方法

1 Audibleページ最下部へスクロール
2 「PCサイト」をタップ
3 Audibleトップページの「アカウントサービス」をタップ
4 「退会手続きへ」をタップ
5 「このまま退会手続きを行う」をタップ
6 アンケートに回答して「次へ」をタップ
7 「退会手続きを完了する」をタップして完了

「PCサイト」をタップ

オーディブルトップぺージを最下部までスクロールして「PCサイト」をタップ

アカウントサービスをタップ

「アカウントサービス」をタップ

退会手続きへをタップ

左下にある「退会手続きへ」をタップ

「このまま退会手続きを行う」をタップ

アンケートに回答して「次へ」をタップ

7 「退会手続きを完了する」をタップして完了

以上で退会手続きは完了です。

無料体験中の場合、30日間経つまでは利用できます。

\今なら2ヶ月間無料/
/2024年5月9日まで\

Audible(オーディブル)とオーディオブックの比較

  Audible audiobook.jp
料金 月額 1,500円 月額 1,330円
無料体験期間 30日間 14日間
聴き放題作品数 約120,000作品 約15,000作品

オーディオブックは月額料金は安い代わりに作品数が少ないですが、オーディブルは料金が少し高い代わりに作品数が多いです。

Audible(オーディブル)の評判

デメリット

・頭に入らないことがある
・全てが聴き放題の対象ではない
・電子書籍よりラインナップが少ない

頭に入らないことがある

図が多い書籍
難しいビジネス書
登場人物が多い小説

「この人誰だったっけ?」
「今、何の話をしているのかわからない…」

上記のような作品で起こる、オーディブルのあるあるです。

難しいと感じる方は以下のジャンルを選択すると間違いないです。

小説(登場人物が少ない)
自伝・評伝・エッセイ
ビジネス書(会話調)

全てが聴き放題の対象ではない

例えばオーディブルでは以下の本は聴き放題対象外です。

嫌われる勇気
FACTFULNNESS
エッセンシャル思考

単品購入が必要ですが、Audible会員は30%OFFで購入できます。

無料体験中にお得に購入すれば、退会してからもずっと聴くことが出来ます。

電子書籍よりラインナップが少ない

同じくAmazonが提供する電子書籍読み放題サービス「kindle unlimited」と比べるとラインナップは少ないです。

Audible 約12万冊(日本語タイトル約2万)
kindle unlimited 約200万

しかし、最近は直木賞や芥川賞作品を加えるなどして、ラインナップの充実をはかっています。

本屋大賞:10作品のうち、7作品
直木賞:13作品のうち、10作品
芥川賞:14作品のうち、8作品

賞を獲得した作品のほとんどが聴き放題対象なのは嬉しいですね。

メリット

・ナレーターと本のレビューが見られる
・ロック画面でも視聴できる
・ながら聴きができる
・聴きたい本をダウンロードできる

・ナレーターと本のレビューが見られる

聴きたい本をみつけても流れてくる声の音質が悪かったり、そもそも内容が面白くなったらガッカリしていまいますよね。

Audibleでは「ナレーション」と「ストーリー」のレビューが付いています。

・ロック画面でも視聴できる

YouTubeは画面をロックしたら音声が切れてしまいますが、Audibleはロック画面でも再生することが可能です。

また、バックグラウンド再生にも対応しているので、SNSを見ながら、ネットサーフィンをしながら聴くことがでるので便利です。

・ながら聴きができる

聴く読書の最大のメリットですね。両手がフリーになるので家事をしながらでも聴くことができます。

ゴロゴロしながら目を閉じて聴くこともオススメです。

体を横にしての読書が物理的に本があると体勢が縛られるので両手が開いているとかなり快適です。

・聴きたい本をダウンロードできる

通勤中などの外でAudibleを利用する際には通信量はできるだけ消費したくないですよね。

あらかじめ気になった本をWifi環境下でダウンロードしておけば、通信量を消費せずに利用することができます。

\今なら2ヶ月間無料/
/2024年5月9日まで\

Audible(オーディブル)の料金・利用する前に知っておくべきこと まとめ

Audible概要
料金:月額1,500円
サービス内容:12万以上の作品が聴き放題
無料期間:最初の30日間
支払方法:クレカ/デビットカード

Audible無料体験方法をもう一度見る

Audible解約方法をもう一度見る

デメリット
・頭に入らないことがある
・全てが聴き放題の対象ではない
・電子書籍よりラインナップが少ない

メリット
・ナレーターと本のレビューが見られる
・ロック画面でも視聴できる
・ながら聴きができる
・聴きたい本をダウンロードできる

\今なら2ヶ月間無料/
/2024年5月9日まで\